自動ブレーキ

Posted by & filed under ショッピング.

売れているトヨタのミニバン、ノア、ヴォクシー、エスクァイアの一部変更で自動ブレーキが設定されることになったという。欲しい装備の1位に上げられることの多い自動ブレーキを待っている人は多いそうだ。

販売ディーラーによれば、自動ブレーキ付きがないために、ステップワゴンやセレナを選んでいる人も多いという。装備される自動ブレーキは、アクアなど小型車に装備される「赤外線レーダー+カメラ(ToyotaSafetySenseC)」のコストを重視した普及型。性能は、自動停止可能な速度はトヨタ発表で30km/h以下。それ以上の速度になると、急ブレーキを掛けながら追突する。上級型なら夜間を除き、歩行者を探知して自動ブレーキをかけるが、この普及型は歩行者を探知出来ない。また、センサーの性能が低いためアダプティブクルーズコントロールが付けられない。アルファードには、上級型の自動ブレーキが付くそうなので差を付けたかったのか。
車査定相場