化粧品の選び方が異なる思春期

Posted by & filed under 美容.

にきびが気になる人が使う専用の化粧品がありますが、普通の化粧品とにきび用化粧品は、どこに差があるでしょう。十代のころにできるにきびと、二十代移行のにきびは原因が異なるため、にきびケア化粧品も使い分ける必要があります。ティーンエイジャーのにきびとは、成長ホルモンが多く分泌されることで、皮脂の量が多くなるせいでできます。

10代のうちのにきびは、皮脂の分泌量を抑制することで予防することになります。思春期のにきびをケアするための化粧品には、ニキビの原因菌を殺菌する効果のある成分が配合されています。いらなくなった皮膚が表層に残らないように、サリチル酸が含まれているタイプもよくあります。成人してからできたにきびには、サリチル酸は適していません。サリチル酸の作用で皮膚がより乾燥すると、肌の保湿力が不足してしまいます。もともと肌が乾燥気味の人でない限り、10代のしっとりとしたみずみずしい肌ならサリチル酸で肌の水分不足にはなりません。しかし、大人のにきびは皮膚の乾燥が原因の一つになっていることが多いので、肌を乾燥させないようににきびケアが大切になります。角質層が古くなっても皮膚から剥がれ落ちずに残っていると、詰まりに対して弱くなるので、わずかな皮脂量でもにきびの原因になります。そのため、大人にきびに使用する化粧品選びでは、保湿効果のある商品を購入するのがポイントです。どんな成り立ちでにきびができたのかを理解することで、最適なスキンケアのやり方がわかります。
もっちりジェルホワイト 楽天