にきびケアでの洗顔の必要性

Posted by & filed under 生活, 美容.

にきびケアにとって大事なのは、日々の丁寧な洗顔です。にきびとは、雑菌が毛穴に分泌された皮脂や古くなった角質層が詰まることによって繁殖することが原因で起こるといわれています。

洗顔では、この過剰に分泌された皮脂や古くなった角質層を除去します。皮膚に油分が残っていると酸化して過酸化脂質になり、肌を刺激してダメージを与えます。さらにそのせいでにきびがひどくなるというように、繰り返してしまうでしょう。にきびができにくい肌を維持するためには洗顔がかかせませんが、かといって頻繁に洗いすぎてもいけません。脂性肌の人は、1日に何度も洗顔をしてにきびができないようにしようとしているかもしれませんね。にきびのないきれいな肌でいるために、肌の衛生は大事なポイントであることは言うまでもありません。とはいえあまりにも洗顔の回数が多いと、かえって皮脂をたくさん分泌させてしまうのです。皮膚には保湿や、外からの刺激から肌を守るために一定量の油分が必要です。洗顔のしすぎは肌に必要な油分まで奪ってしまいます。肌はより多くの油分を分泌しなければどんどん肌をべたつかせてしまいます。にきび予防に適した洗顔の回数は1日2回なので、洗顔のときにきちんと汚れを落とすように心がけましょう。正しい洗顔方法を覚え、にきびを防ぐ効率的な洗い方をすることが肝心です。
http://www.acaomagazine.com