石狩湾新港がゴールのウォーキング

Posted by & filed under その他.

北海道の石狩市に、石狩湾新港と言う工業地区があります。
ここにはアジアや東南アジアからの貨物船や輸送船なども入港する港湾施設です。

勿論工業地区ですので様々な企業の工場や社屋も建ち並んでおりますが、まだまだ空き地が多く、企業誘致も盛んに行われております。
ウォーキングコースはあまり多くの建物や施設はなく、どちらかと言えば樹木が多いので歩いたり、スロージョギングをするには申し分のない環境です。
いつも休みの日には自宅から港までを目標に、片道約6.3キロの道のりを時間にして50分~65分位かけて汗を流しております。

よく見かけるのが韓国からの貨物船で、いつも大量のコンテナを積載して入出港しています。
コンテナ4段から5段を重ねており、こんなに積み込んでもOKなんだといつも感心して見ています。
時には大きなタグボートで3階建てほどの工場ユニットなども運んでいる事もあり思わずiphoneを取り出してカメラを向ける様な光景に出くわす事もあります。

そうしている内に目的地にゴールするのですが、その時の達成感が気持ちよすぎて同じコースを4年間歩き続けております。
道中挫折して途中のコンビニで折り返そうと思うこともしばしばあるのですが、一度味わった達成感の思いが背中を押してくれて何とか常にゴール出来てます。
石狩湾新港で働きたいと考えたこともあるほどこの港と地域に愛着を抱いてこれからもずっと地元で暮らし、体力と精神力が続く限り歩き続けて行こうと思ってます。