お酒は語る

Posted by & filed under その他.

世界各国では様々なお酒が飲まれています。日本と同じように世界の国々でもお酒が人と人とをつなぐ大切なコミュニケーションツールになっていることは言うまでもありません。私たちの身の回りを見てみると、パーティーや年末年始、冠婚葬祭などの行事はもちろん、仲間との宴席や接待、同窓会などでは必ずと言っていいほど、テーブルにはお酒が用意されています。

それほど、人々の生活の中にお酒は深く関わっているのです。西洋のことわざにこのような言葉があります。『In wine there is truth』、これは「酒は本心を表す」という意味です。確かにお酒の席では、本音で話しやすいことが多いです。それは、お酒にはストレスや緊張を和らげる効能があるからでしょう。

こういった効能から、お酒はビジネスの場面でもコミュニケーションツールとして活かされています。お酒を楽しむことで、人と人とのつながりを深めることは、現代社会におけるコミュニケーションツールとしての役割をお酒が担っていると言えるでしょう。昔から、日本人はお祭りなどの神事において、神様にお酒を供えてきました。これを「お神酒」と言います。

これは神様との共飲共食、つまり人間側から見れば神様とのコミュニケーションだったのです。神様と同じものを飲み、食べることによって神の霊力が分与され、神様の教えを聞くことが出来るという信仰心に基づいたものなのです。そんなお酒にまつわる神社や縁起の神様も、全国に数多くあります。

京都の松尾大社は室町時代末期以降、「日本酒第一酒造神」と仰がれていますし、京都府園部町の摩気(まけ)神社は酒造りにふさわしい水霊がいると言われています。また酒造り指導の神様として有名なのは、香川県の城山神社の「神櫛王」や、愛知県の酒人神社の「酒人王」などです。

日本人は、神様とのコミュニケーション手段として「お神酒」という形でお酒を用いてきたのに加え、お酒を造るときにも神様に祈ってきました。 お酒と神様や神社との関係性や歴史を知ると、もっとお酒が楽しくなるかもしれません。『お酒と神様』でも触れたように、日本のお酒の起源は「神祭りの酒」です。日本古来の様々な神事において、神様の前に酒が供えられてきました。

そういえば、バルトレックスが薬局で買えたら便利ですよね。そうならないのは法律による規制があるからだそうですが、個人輸入代行を使えば病院にいかなくても入手できるそうです。くわしくは↓のサイトが参考になりますよ。

http://xn--pckua2at3b6ki3589fz5xd.xyz/

また、お酒は貴重なもの、ありがたきものとされ、祭りのような「ハレ」の場を選んでお酒を飲むことが多かったようです。現代社会では、気楽にお酒と触れ合う機会が昔に比べて増えてきました。しかし、お正月や結婚式などの祝い事やお祭りなど特別な機会に飲む「ハレ」のお酒というものを大切にしたいものです。また日本には昔からお酒に関する物語やエッセイが、たくさんあります。

室町時代の狂言「餅酒」や、江戸時代の「百家説林」などが有名で、これらはまさに「お酒おつきあい読本」ともいえる、お酒との良きつき合い方があらわされています。「餅酒」では「百薬の長」、「百家説林」では「人と親しみ」といったことが語られています。こういった歴史的書物をお酒を飲みながら読んでみるのも面白いかと思います。

私は普段からアニメを見ることが好きで、休みの日は録画していたアニメを見る時間が多くあります。アニメの面白い部分というのはたくさんあるのですが、私が一番に感じる点はやはり現実では不可能なことを可能にするという点だと思います。例えば、ファンタジー世界の冒険というのは現実では再現できないと思います。

しかし、アニメではそれを表現することができます。これは、できることの一例であり他にもアニメにしかできないことがたくさんあります。だからこそ私はアニメが面白いと感じ、興味を持ったんだと自分自身でも感じています。