アンダーハンドレシーブのマスター

Posted by & filed under スポーツ.

アンダーハンドレシーブヲマスターするのにポイントは、必ず前方の足首を曲げた状態でボールを受けることです。曲げた状態であれば、しっかり足首の力を使っている証であり、逆に足首が伸びてしまうと、前傾姿勢になったり、顎が上がってしまうのでボールの下に入れずに安定した面を作れなくなってしまいます。基本フォームを身に付けるときに、大切になってくる足首。この足首の力をしっかりと使っているか、チェックする方法があります。レシーブした後にそのままの姿勢でヒザを前に出して進み、その後、腰を深く落として沈み込みましょう。このとき、ヒザが前に出ていまいと姿勢が崩れ、足首を使った沈み込みがうまくできません。この沈み込み動作ができれば、ヒザが前に出て足首の力を使ってレシーブしていることになります。
この沈み込みのように、正しいフォームを身に付けるために必要な前後の動作を「補助動作」と言います。練習のときに補助動作を入れると、「足首を使わなければおけない」という意識が自然に生まれるので、取り入れてみましょう。
http://www.coachoutletstorefc.com/