骨粗しょう症予防にはカルシウムとビタミンDが必須

Posted by & filed under 健康.

ビタミンDは、人間の体に欠かせない何種類かのビタミンのうち、丈夫に骨をつくるために必須の存在です。カルシウムと、ビタミンDは、両方とも骨粗しょう症の予防に重要な働きを担っているという栄養成分です。
人体を支える骨の強度を維持するためには、ビタミンの中でも特にビタミンDをしっかり補給しておくことが重要です。骨粗しょう症は、更年期になるとリスクが高くなると言われているために、ビタミンDを摂取して予防しておくことが推奨されます。ビタミンDのサプリメントの利用は、更年期障害の症状が出て、身体の不調を自覚するようになる頃までには考えたいものです。免疫機能の向上にもビタミンンDは関わっていますので、花粉症対策の効果も期待できると言われています。ネットの口コミサイトでは、ビタミンDを摂取したことで風邪が治りやすくなったり、花粉症が軽くなったりしたという体験談が投稿されています。1日に必要なビタミンDを、日々の食事だけで補給することは難しいので、サプリメント利用しているという人は多いようです。日の光を浴びると、人間の体はビタミンDをつくることができます。逆に日光不足は、ビタミンD不足の原因になります。太陽光の下で活動をすることは滅多にないという人は、ビタミンDのサプリメントを活用する必要があるでしょう。ビタミンDは、ホルモン分泌に同等に考えられるくらい人体にとって欠かせない栄養素であることを考えて、少しは太陽高の下で活動をする時間を確保するといいでしょう。体調維持に欠かせないビタミンDが不足しないように、場合によってはサプリメントを使う必要があります。