睡眠の質を上げるには

Posted by & filed under 生活.

人生の1/3を占める「睡眠」。

睡眠が足りなければ、日中の行動、仕事にも影響してきます。

よく「8時間は最低ねるべき」や「ナポレオンは3時間しか寝なかった。できる人は睡眠時間が短い」なんてことまで言われます。

しかし、睡眠で重要なのは時間ではありません。「質」です。

睡眠の質を左右する条件は3つ。

1.寝室環境
2.生活習慣
3.寝具

寝室環境は、たとえば「電気をつけたまま寝ている」など。
電気をつけたまま寝ると、体がいつまでも「夜」ということを認識せず、睡眠の質が落ちると言われています。

また、睡眠の質を下げる「生活習慣」として有名なのは、スマホをしてから寝ることです。
もちろんパソコンも同じなのですが、「ブルーライト」が目に入ると、頭が覚醒し、睡眠の質が悪くなるそうです。

特にスマホが普及してから、若い人を中心に寝る前にSNSをチェックする癖がある人も増えたのではないでしょうか。

また、寝具も非常に重要だと聞きます。
自分に合わない枕であったり、柔らかすぎるマットレスであったり…
寝具は睡眠の質に直結してきます。

特に、柔らかすぎるマットレスは要注意です。
寝るときは非常に気持ちがいいのですが、腰への負担が半端ではありません。

腰への負担を減らすのであれば、固めのマットレスがおすすめです。

睡眠の質はそのまま、仕事の結果にも直結してきます。
今日からでも睡眠の質を上げる努力をしていきましょう!